定期的な正しい手入れで毛皮を長持ちさせる

毛皮のリサイクルを行う際に気をつけること

毛皮ができるまで

毛皮のリメイクで着ないコートを再利用しよう

フォーマルにカジュアルに大活躍の「毛皮のベスト」

毛皮レディー

毛皮ができるまで

手触りがよく保温性にも優れ、服飾品としてだけでなくその美しさにも高い価値のある毛皮のコートやショール。そんな毛皮ができるまでの工程はご存知ない方も多いのではないでしょうか。 毛皮は勿論、もともとは生きた動物の皮。毛皮作りの作業は、動物を畜殺するところから始まります。剥いだ生皮から脂肪や肉を削ぎ、洗剤などで脱脂を行った後、「なめし」の作業に入ります。 「なめし」とはミョウバンなどの薬液に付け込んで行う防腐処理のこと。この処理によって皮は柔らかくしなやかになり、耐久性や耐熱性が生まれます。 その後、必要に応じて染色を行い、毛並みを整えた後で服飾品の原材料として流通し、裁断や縫製を経てコートなどになるのです。毛皮ができるまでには多くの工程と多くの職人の手が必要になることが分かりますね。 毛皮は繊細や素材ゆえ手入れが大変という一面もありますが、毛皮ができるまでを知ることにより、動物の命をいただいて作られた毛皮をより大切に扱い、丁寧に手入れをしようという気持ちも芽生えるのではないでしょうか。

どうしても毛皮を洗濯したい場合

毛皮を売りたいならネットで簡単査定

毛皮の種類

毛皮を中古で買うとかなり安い

毛皮製品のファーのいろいろ